おせち

料理研究家・エダジュンに学ぶ。お節の残り食材で、簡単ごちそうレシピ!

2016.01.04

おせち

こんにちは。料理研究家のエダジュンです。
遂に、2016年も幕をあけましたね!ご馳走をたくさん食べて、幸せなお正月を過ごされたでしょうか。

毎年この時期に思うのが、どうしてもお節が食べきれない。同じものばかり食べてしまい、飽きてしまうということです。お正月にカレーを食べたくなる人もいるでしょうし、普段の食事が恋しくなる人もいますよね。しかし、せっかくのおめでたいお節料理を残してしまうのはもったいない!

そこで今回は、お節料理を最後まで美味しく食べて欲しいという願いを込めて、お節の残り食材で作れるごちそうレシピを紹介します!簡単な副菜からデザートまでバラエティーに富んだ料理をぜひ、作ってみてくださいね。

【簡単5分!】
数の子をアレンジ!数の子のアボカドチーズ味噌バケット

バゲット

【材料 作りやすい分量】

・数の子・・・40g(お好みの量)
・お刺身用サーモン・・・6枚
A:アボカド・・・1/2玉
A:クリームチーズ・・・大さじ3
A:味噌・・・小さじ1
A:バゲット・・・6枚

【作り方】
 ▼step1: 数の子をみじん切りにし、アボカドをスプーンで潰す。
 ▼step2: Aを全て混ぜ合わせ、バゲットにサーモン→ディップソースをのせる。

混ぜ合わせるだけで簡単にできる、ごちそうレシピです。
数の子のプチプチ感と濃厚なクリームチーズが味のアクセントとなり、サーモンとアボカドの旨味が合わさると相乗効果で美味しくなります!
ワインのおつまみや、パーティーの時にも活躍する一品です。

【お節でエスニック!?】
なますでバインミー(タイ風サンドイッチ)

サンドイッチ

【材料 2人分】

・フランスパン・・・2個
・パクチー・・・2茎
・なます・・・80g
・サラダチキン(コンビニで売られている既製品)・・・1枚
・柚子の皮・・・適量
・サニーレタス・・・2枚
・スイートチリソース・・・お好み量
・レモン汁・・・少々
・バター・・・少々
・ナンプラー※お好みで

【作り方】
 ▼step1: フランスパンの横に切れ目を入れ、中にバターを塗る。
 ▼step2: サラダチキンとパクチーは食べやすいサイズにカットする。
 ▼step3: フランスパンに、サニーレタス→サラダチキン→パクチー→なます→柚子の皮の順番に挟む。
 ▼step4: お好みで、スイートチリソースとレモン汁をかける。
 ※ナンプラーを少し加えると更にエスニック風になります。

簡単にベトナム風サンドイッチの完成!柚子を入れることで柑橘の風味も増し、オススメです。なますは余りやすい食材なのですが、サンドイッチに入れるとさっぱりと食べられるのがいいですね。

【簡単デザート】
黒豆ハニーきな粉アイスクリーム

アイス

【材料 作りやすい分量】

・バニラアイス・・・100g
・クリームチーズ・・・大さじ2
・黒豆・・・10粒
・きな粉・・少々
・はちみつ・・・少々

【作り方】
 ▼step1: アイスクリームを柔らかくなるまで常温に戻す。
 ▼step2: 1にクリームチーズと黒豆を混ぜ合わせる。
 ▼step3: カップに移し、きな粉とはちみつをお好みでかける。

黒豆の甘さとアイスクリームの甘さがマッチした一品。
混ぜるだけの簡単な作業だけで、きな粉と黒豆で和風な味わいのアイスクリームを作ることができます!
こたつでポカポカと体が熱くなった時などに、ぜひ作ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は料理素人の人でも簡単にできる、お節の残り物でごちそうレシピを紹介しました!
「残り物には福がある」と言うことわざがありますが、まさにそれを感じてもらえるレシピだと思います。
冷蔵庫に眠っている、おせち料理を取り出して、今回ご紹介したアレンジ料理をぜひ作ってみてくださいね。


▼ 今回の料理人:エダジュン
【パクチー料理研究家 管理栄養士】
edajyunSoup専門店の店長、本社で商品の物流・購買の仕事に携わったのち、料理研究家として独立。「料理にやっちゃいけないことはない」という気持ちを心に持ち、色々な固定概念にとらわれずに、料理を楽しんでます! 家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを日々研究中。


【ブログとインスタグラムを更新中!】
▼ ブログ:http://ameblo.jp/bluepunch/
▼ インスタグラム:http://instagram.com/edajun

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
広告バナー
広告バナー