時短お弁当アイキャッチ

忙しい朝でも大丈夫!時短料理で簡単に作れるお弁当のおかずレシピ

2015.12.15

時短お弁当アイキャッチ

会社にお弁当を持っていく人も増えていますが、あまり時間をかけられないのが現状。レシピに迷う日はありませんか?1分でも時間が欲しいなと思うとき、時短で作れるレシピがあれば役に立つはず
電子レンジやフライパンひとつで簡単に作れて、思わず美味しいと言ってしまうオススメの時短レシピを紹介します!

1: タンドリーチキン

kennyさん(@flyingkenken)が投稿した写真

下味をつけるのが面倒そうなタンドリーチキン。そんな手間がかかる味付けを、このレシピなら30分でつけることができます。
チキンを薄切りにすれば、火を通す時間も短縮できますよ。

材料

鶏肉               200g
ヨーグルト            100g
ケチャップ            大さじ1
S&Bカレー粉            大さじ2
はちみつ             大さじ2
オリーブオイル          小さじ1


作り方

▼ step1:ビニール袋に適当にカットした鶏肉とヨーグルト、ケチャップ、カレー粉、はちみつを入れて30分くらい寝かせておきます。前日の夜ご飯として作り、一部を別のビニール袋に入れておくと次の日は焼くだけなので便利です。
▼ step2:フライパンを熱して、オリーブ油を少量入れてから鶏肉を投入します。強火で両面焼いてから、大さじ1杯の水とワインを入れ、すぐにフタをし中火で1分熱し、その後は弱火で蒸し焼きに。水分がほとんどなくなってきたら、フタをあけてバターを入れます。中火強にして皮をパリっとするまで焼いたら出来上がりです。

2: 豚肉の野菜巻き

chiisanさん(@chii67)が投稿した写真

夕食を作って野菜が余ることは、よくあると思います。
余った材料を上手に使い切りたい時にオススメの一品です。

材料

豚バラロース 5枚
オクラ 5本


作り方

▼ step1:塩コショウをした豚バラロースに、ヘタをとったオクラを巻き、片栗粉をまぶしておきます。片栗粉はノリの役目をするので、特に巻口にはしっかりとふりかけておきましょう。
▼ step2:フライパンにオイルとstep1の豚肉を入れ、強火で表面を焼きます。あまり転がさないでトングやおはしで裏表焼きます。その後、すぐに大さじ3杯の水を入れて、フタをします。時間は弱火で3分ほど。
▼ step3:焼いている間にしょうゆ、みりん、酒、砂糖を小さな器に溶かして準備します。
▼ step4:中火強にして残りの水分をとばしたら、step3の調味料を入れて中火弱にして転がして絡めたらできあがりです。

3: 牛肉のソース炒めwithピーマン

Ericaさん(@10969eri)が投稿した写真

パパッと中華料理を作るなら「牛肉のソース炒めwithピーマン」が良いでしょう。ソースといっても、オイスターソースやウスターソースなど、使うソースによって味が変わるので、味に飽きてきたと感じた時は、ソースの種類を変えてみてくださいね。

材料

薄切り牛肉            100g
ピーマン(ししとうやパプリカも)  2個
《下味用》
片栗粉              小さじ2
酒                小さじ1
しょうゆ             小さじ1
《途中で投入用》
しょうゆ             小さじ1
酒                小さじ1
ソース(あればオイスターソース) 小さじ1
ごま油              小さじ1
こしょう             小さじ1


作り方

▼ step1:牛肉、ピーマンはお好みの大きさにカットします。
▼ step2:ビニール袋に入れた牛肉に《下味用》の調味料を入れて、軽くもんでなじませます。
▼ step3:中火にしたフライパンにオイルを入れ、牛肉を投入して赤身がうっすら残るまで炒めます。ピーマンとごま油以外の《途中で投入用》の調味料を入れて炒めましょう。
▼ step4:最後にごま油を入れてからめたらできあがり。

4: オーブントースターで焼く簡単ししゃも

mica fujimotoさん(@mic_a)が投稿した写真

朝の忙しい時間帯でも、トースターを使った簡単な一品!
洗い物も出さずに済むので忙しい人に嬉しい料理です。

材料

ししゃも             お好みの数
塩コショウ            少々

※アルミホイル(オーブントースターに敷いて焼汁がたれてもOKなくらいにカットしましょう。
※ししゃもの汁はオーブンにつくと臭いが取れにくいです)


作り方

▼ step1:ししゃもに塩コショウを振ります。
▼ step2:オーブンにアルミホイルを敷き、15分(10匹の場合)ほど焼いたら出来上がり!

※カレーパウダーをかけるとスパイシーになり、お酒につけてから焼くとマイルドになります。塩麹を載せて焼いても美味しいですよ。

5: 市販のミートボールで簡単甘酢あんかけ

Ayanoさん(@ayanomiyu)が投稿した写真

お弁当のメインに悩んだ時は、ミートボールのあんかけが便利!
ボリュームがあるので、お弁当のスペースを簡単に埋められるますよ。

材料

市販の肉団子           5個
揚げ油              適量
水                大さじ1
酢                大さじ2
酒(あれば紹興酒)        大さじ1/2
ケチャップ            大さじ1弱
砂糖               大さじ1弱
醤油               大さじ1弱
みりん              大さじ1/2
ごま油              小さじ1
水溶き片栗粉           小さじ1/2


作り方

▼ step1:市販の冷凍肉団子を解凍せずに、揚げ油にて180度弱でこんがり揚げます。肉団子が浮いてきたらOKです。
▼ step2:水、酢、酒、ケチャップ、砂糖、醤油、みりん、ごま油をフライパンに入れて焦がさないように煮詰めます。
▼ step3:揚げたて肉団子を投入して絡め、水溶き片栗粉を回し入れてからめたらできあがり。

※水溶き片栗粉は様子をみながら、少しずつ入れてくださいね。

6:サツマイモの簡単サラダ

ポテトサラダに飽きたという人に試してもらいたいのが、サツマイモのサラダです。バターやクリームチーズを入れたら、よりまろやかな味になるので、お子さんのお弁当にオススメ!

材料

さつまいも            1~2個
アーモンド            3粒ほど
レーズン             6粒ほど
バター              小さじ1
クリームチーズ          大さじ1
マヨネーズまたはオリーブオイル  大さじ1
塩コショウ            少々


作り方

▼ step1:さつまいもは、たわしで皮ごと洗う(むける皮はそのときに落ちるので、残った皮はそのまま使います)。大さじ1の水を入れた耐熱容器に、2cm角ぐらいにカットしたさつまいもを入れ、柔らかくなるまで5分ほど加熱します。
▼ step2:アツアツのうちにマッシュし、残りの材料のアーモンド、レーズン、バター、クリームチーズ、マヨネーズ、塩コショウを入れ、さらにマッシュしたら出来上がり!

※じゃがいもの場合は芽をとったり、皮をむいたり手間がかかりますが、さつまいもの皮はやわらかいので時短できるのです。(ツナ缶やたまねぎのみじん切りをいれてもOK)。

7: ラップで簡単!オムライス風卵巻き

hi-chanさん(@khjrida)が投稿した写真

朝、時間がないけどお弁当だけは作りたいという日がありますよね。
そんな時は、オムライスを一品作れば完成です!

材料

玉ねぎみじん切り         1/8
ベーコン(ウィンナー1本でも可)   3センチ
鶏がらブイヨン          小さじ1/2
バター              小さじ1
水                大さじ5
卵                1個
ご飯               茶碗1杯
ケチャップ            大さじ2杯
塩コショウ            お好みで


作り方

▼ step1:耐熱皿に玉ねぎ、1cm角に切ったベーコン、ブイヨン、バター、水を入れ、ラップをして電子レンジで2分加熱。玉ねぎやベーコンに火が通るまで1分ごとに加熱して調整してください(焦がさないようにご注意を)。
▼ step2:ご飯にstep1で加熱した材料とケチャップを加え、あえる。
▼ step3:大きなフライパンで薄焼き卵を作ります。
▼ step4:サランラップを広げて、薄焼き卵の上にケチャップライスを乗せてラップで包みます。
▼ step5:新しいラップを準備し、その上に移動させて、ラップでくるんでそのままお弁当箱へ。ケチャップはお好みで別容器に入れて持って行っても◎

8: 絶品カレー風味の卵サンド

SAKKONさん(@sakko_stagram)が投稿した写真

ハムやベーコン、レタスにトマト…。サンドイッチのレパートリーも尽きてきたら、カレー味のタマゴサンドを試してみてはいかがでしょうか。チーズを一緒に入れるとまろやかになって美味しいですよ。

材料

ゆでたまご            2個
食パン              2枚
マヨネーズ            小さじ2
ベビーチーズ           1個
塩コショウ            少々
S&Bカレー粉           小さじ1/2


作り方

▼ step1:たまごは茹であがったらすぐにマッシュしましょう。
▼ step2:マヨネーズ、ベビーチーズ、塩胡椒、カレー粉を入れて混ぜ合わせたものを、パンに塗ってはさんだら出来上がり。斜めにカットして三角形にするなど、お弁当箱にあわせてカットしてくださいね。

※残った耳が大量に出た場合は、オリーブ油を染み込ませて、砂糖をふりかけ180度のオーブンで25分ほど焼き、シナモンをかけたら、カリッと美味しいラスクに!
休日のハイキングなど余裕のあるときに作ってみてはいかがでしょうか?


9: 簡単!小松菜の胡麻和え

yuki*さん(@hana_._yuki)が投稿した写真

お弁当に少しだけスペースが空いたら入れるのにオススメのなは、小松菜の胡麻和えです。
多めに作っておけば、数日間は持つので、夕食や翌日のお弁当にも使えます。

材料

小松菜              1束
塩                ひとつまみ
黒ゴマ              大さじ3
酒                大さじ1
しょうゆ             大さじ1
はちみつ             大さじ1


作り方

▼ step1:小松菜はサッと茹でたら、水分をきって、お弁当で食べやすい大きさにカットします。
▼ step2:調味料の塩、黒ゴマ、酒、しょうゆ、はちみつを別の容器に入れて混ぜ、小松菜を投入したら出来上がり。

※ほうれん草のおひたしのようにアク抜きをしなくて良いので、時短になります。

10: 絶品作り置きふりかけ

なかさおさん(@nakasao3)が投稿した写真

自分好みの味を作るなら、ふりかけも手作りしてみましょう。
煮干しを入れると、カルシウムもたくさん取れるので、身体にも良いふりかけを作ることができます。

材料

小松菜              1束
ゴマ               大さじ3
かつおぶし            2パック
ナッツ(アーモンド、くるみなど) 大さじ3
砂糖               小さじ2
塩                小さじ2
青のり              小さじ2
粉ブイヨン            小さじ2
ごま油              小さじ2
水                小さじ1杯


作り方

▼ step1:フライパンに全材料を入れ、弱火で焦がさないように、ヘラで回しながら水分を飛ばし、パラパラになったら出来上がり。

※出来上がったら、ジッパーなどに入れて冷凍庫で保管すると長持ちしますよ。

11: 一品あるとワクワクする!餃子の皮でチーズ春巻

Kaoriさん(@kaori.okamoto.94)が投稿した写真

外はパリッと、中はとろっとしたチーズ春巻きは、大人にも子どもにも喜ばれる味付け!餃子の皮だけ余ってしまったという日にピッタリのレシピです。

材料

餃子の皮             6枚
ベビーチーズ           3個
ベーコン             6枚


作り方

▼ step1:ベビーチーズをベーコンで巻きます。
▼ step2:餃子の皮でstep1の具を巻き、端の部分はふちに水をつけてとめます。
▼ step3:オリーブ油をフライパンにたっぷり敷いて、パリパリになるまで焼いたら出来上がり。

12: ピーラーで簡単にんじんナムル

浅井 恵美さん(@emiasa)が投稿した写真

色合いが足りない時は、にんじんの鮮やかさでお弁当を華やかにしましょう。
包丁を使わず、ピーラーでにんじんを薄くスライスできるので、レンジで簡単に柔らかくなります。

材料

にんじん             1本
塩                少々
ごま               少々
ごま油              大さじ1


作り方

▼ step1:にんじんの皮をピーラーでむきます(お好みで細く切ってもOK)。
▼ step2:耐熱容器に入れてラップをし、レンジで3分チンします。
▼ step3:熱いうちに塩、ゴマ、ごま油を入れてあえたら出来上がり。

13: 冷めても美味しい!そばめし

平井綾さん(@ayataso729)が投稿した写真

白ご飯が足りない時はそばめしで決まり!
ボリューム満点なので、お腹いっぱいになりますよ。

材料

焼きそば麺            1袋
(2cmほどにカットしてレンジで1分チンしておく)
ごはん              お茶碗2杯
ゴマ油              大さじ2
ベーコンまたは豚こま切れ     80g
キャベツ(2cm角に切っておく)   5枚
オリーブ油            大さじ1
塩コショウ            少々
ソース              少々
青のり              お好みで
鰹節               お好みで


作り方

▼ step1:ボウルにごはんと焼きそばを入れて、ごま油を加え、ほぐして混ぜ合わせます。
▼ step2:オリーブ油を敷いて、キャベツとベーコン(豚肉)を炒めて、そばめしを投入します。
▼ step3:ソースと塩コショウを入れ(お好みでシナモンやクミンをいれてもOK)、水分を飛ばし、青のりと鰹節を振りかけたら出来上がり。

14: 大人気!デザート&美容も兼ねたさつまいものレモン煮

sayakaさん(@nstm_17)が投稿した写真

レモン煮なら、女性に嬉しいビタミンCを取ることができます。
食物繊維の多いさつまいもをデザート感覚で食べられる一品です。

材料

さつまいも            1本
レモンスライス          1個
お砂糖              大さじ6
はちみつ             大さじ2
バター              大さじ3
水                200CC


作り方

▼ step1:さつまいもは1〜1.5cm、レモンは1mmの輪切りにします。
▼ step2:鍋にさつまいもと水、砂糖、はちみつ、レモン汁を入れて中火で煮たら出来上がり。

15: ごはんが進む!はんぺんのチーズ焼き

@marumi283が投稿した写真

すでにお弁当のおかずによく入れている人も多いはんぺんチーズですが、しょう油で味付けすれば、より一層ご飯が進むこと間違いなしのお弁当のおかずに!

材料

はんぺん             2枚
スライスチーズ          2枚
バター              20g
しょう油             大さじ2
パルメザンチーズ         大さじ1
マヨネーズ            大さじ2


作り方

▼ step1:はんぺんはお弁当箱に合わせてカットし、真ん中に切り目をいれて、スライスチーズをはさみます。
▼ step2:フライパンにマヨネーズとパルメザンチーズを入れ、すぐにはんぺんも入れます。はんぺんに焦げ目がついたら、しょう油を入れて強火で一気に焼きましょう。
▼ step3:お弁当箱に盛りつけたら、さらにパルメザンチーズを振りかけて出来上がり。

※スライスチーズと一緒にしらすやちりめんじゃこを詰めても美味しいですよ。

まとめ

昨日の残り物を使うにしても、一品あれば華やぐようなレシピをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
一品でも良いからお弁当だけのために作ったものがあれば、テンションが少し上がりますよね。
あまり時間をかけられない朝だからこそ、時短レシピを賢く使って時間を有意義に使いましょう!


【オススメ記事】
【動画付き】フライパンでできる時短術!5分で2人分のお弁当を作ってみた
クッキングアイキャッチ

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
広告バナー
広告バナー