アイキャッチ

寝不足に悩む人必見!身体の中から安眠を呼ぶおすすめ夜食レシピ紹介

2015.10.02

アイキャッチ

「ベッドに入ってもなかなか寝られない」「小腹がすいて、寝られない」なんて経験はありませんか?

そんなお悩みは、食事の内容を気をつけることで解決することができるかもしれません。

今回は、不眠症の人のほか、寝る前にゴハンを食べたら太りそう…と思っている人にもオススメしたい、安眠できる夜食レシピをご紹介します。

眠りを呼ぶ食材

【野菜編】

野菜

レタス

レタスには、催眠作用のある“ラクチュコピクリン”と呼ばれるポリフェノールがあり、特に茎に多く含まれています。
しかし、レタスだけで安眠を得ようとすると、丸ごとひとつ食べるくらいでなければ効果は出ないので、他の安眠に繋がる食材と組み合わせて食べると良いでしょう。

セロリ

セロリの独特な香りの元となっている“アピイン”には、精神を安定させる鎮静作用が含まれており、心がリラックスできます。アピインは、特に緑色の部分に多く含まれているので、葉も捨てずに食べるとより効果的です。

ミツバ

ミツバには、鎮静作用がある“β-ミルセン”が含まれています。たくさん食べれば食べるほど効果があるので、レタスやセロリと一緒にサラダにして食べたり、お味噌汁に入るのオススメです。

タマネギ

タマネギを切ると、涙が出てきますよね。この原因は、硫化アリルという物質によるものです。目に染みて涙が出てくる硫化アリルですが、栄養素として体内に取り組めば、安眠作用をもたらしてくれます。

いちばん良い摂取方法は生で食べることですが、その他にも、就寝時に枕元に薄切りにしたタマネギを置くだけでも、ハーブ効果を生み、安眠に繋がります。


【ビタミン編】

豚肉

安眠に欠かせないのがビタミンB群。
これが不足すると、寝ても疲れが取れにくくなってしまうので、ビタミンB群はまんべんなく摂取するように気をつけることが大切です。

シジミ

ビタミンB群の中でもビタミンB12は睡眠に深く関係していて、睡眠を司るメラトニンの生成・吸収を助ける働きがあります。

そして、そのビタミンB12を多く含んでいるのが、シジミ。その他、アサリ、ホッキ貝、ハマグリなどの貝類や牛、鶏やレバーからも摂取することができます。

マグロ

ビタミンB6を多く含むマグロもまた、安眠を手助けしてくれる食材です。
イライラしている時は、感情を上手くコントロールできずに寝られなくなりますよね。そのイライラを抑えるサポートをしているのがビタミンB6なのです。

豚肉

豚肉からは、ビタミンB1を摂取することができます。
ビタミンB1が不足すると、疲労感や倦怠感が強くなったり、情緒不安定になり神経障害を引き起こしてしまうこともあります。
そうならないために、豚肉を食べるようにしましょう。特にヒレに多く含まれているのでオススメです。

安眠できる!夜食レシピ

上記で挙げた睡魔を促す食材を使った夜食レシピをご紹介!

しじみとレタスの和風チャウダー

クラムチャウダー

【材料】
・しじみ 殻つきで150g
・レタス 60g
・セロリ 1/2本
・にんじん1/2本
・じゃがいも 1個
・水 2と1/2カップ
・だしの素 1/4
・味噌 小さじ2
・牛乳 80ml
・生クリーム 大さじ1

【作り方】
▼ STEP1:下ごしらえ
しじみを、砂抜きした後、鍋にしじみと水を入れて、10分程度加熱してください。
野菜は、レタスを一口大に、その他は1cm角のサイコロ状にカットしましょう。

▼ STEP2:調理
野菜を炒めましょう。炒め終わったら、しじみが入った鍋に入れ、だしの素・味噌も加えて煮ます。レタスは、火が通りやすいので、最後に入れるのがポイント!

▼ STEP3:煮る
牛乳と生クリームを加えて、1分ほど加熱したら、完成です。

【安眠ポイント!】
安眠に効果的なしじみ、レタス、セロリが摂取できます。
また、寝る前にホットミルクを飲むのが安眠に良いと言われていますが、クラムチャウダーも牛乳を使っているのでオススメです。
これからの寒い季節。温かいスープなどで身体を温めましょう。

マグロのカルパッチョ

カルパッチョ

【材料】
・マグロ 150g
・レタス 2~3枚
・タマネギ 1/2個
・みつば 適量
・オリーブオイル 大さじ1
・ガーリックリップ おこのみで
・醤油 適量
・塩コショウ 適量

【作り方】
▼ STEP1:マグロをカットし、タマネギを薄くスライスする。

▼ STEP2:お皿にレタスを敷いて、マグロ→タマネギ→ミツバ→ガーリックチップの順でトッピング

▼ STEP3:オリーブオイルと塩コショウをかけ、完成!醤油につけて食べてください。

【安眠ポイント!】
安眠に効果的なマグロ、タマネギ、みつばが摂取できます。
火を使わない簡単レシピなので、ササッと作れて夜食にピッタリ!

コンビニで買えるおすすめ夜食

仕事などで帰りが遅くなった時、お腹は空いているけれど疲れていて自炊するのは大変…という時もありますよね。
そんな時は、コンビニで買える食品でも下記のようなことに注意して選べば大丈夫です。

・消化の良いもの(味噌汁やおでんなど)
・低カロリーなもの(ヨーグルトやフルーツ類など)
・高タンパクなもの(ナッツ類や豆腐など)
※そのほか、水分量が多く、200キロカロリー程度のもので温かいものが望ましいです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

寝る前に何かを食べてしまったら、太る原因になりそう…、消化器官に刺激を与えてしまうから寝られなくなりそう…と思う人も多いと思います。

しかし安眠しやすい栄養素が含まれている食材を選べば、夜食を食べても、安眠効果に繋げることができます。

夜お腹が空いて眼が冴えてしまったり、普段なかなか寝付けないという人は、今回ご紹介した食材やレシピをぜひ参考にしてみてくださいね。

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
広告バナー
広告バナー