大根常備菜アイキャッチ

1週間美味しく元気に!冬が旬の大根を使った日持ちする常備菜レシピ

2015.12.18

大根常備菜アイキャッチ

忙しく働いていると毎日しっかり食事を作ったり、お弁当の準備をするのは大変…。年末が近づいてくるほど仕事が忙しくなるという人も多いですよね。
そんな時には、日持ちする常備菜を週末に作り置きをしておくのがオススメ
毎日の食事の準備が少し楽になったり、野菜を簡単に取り入れることができるのも多きなメリットです。

これからの忙しい時期、体調管理はとても大切。今回は、冬が旬の大根を使った常備菜をご紹介しますので、しっかり栄養の取れる食事を心掛けましょう。

大根の栄養素

大根

今では年中食べることができる大根ですが、旬はまさに今の時期の秋から冬にかけて。寒くなることで大根の甘さが増し、大根本来の味を楽しむことができます。

大根はビタミンAやC、食物繊維が多く水分もたくさん含んでいます。大根の消化酵素が胃腸の調子を整えてくれるので、食べ過ぎや飲み過ぎの時にも胃に優しく働いてくれます。
特に大根をすり下ろすことでこの効果が高まりますので、体調があまり優れない日や二日酔いが気になる日にもはオススメです。

大根を使った常備菜レシピ

大根の味噌バターソテー

@chee929が投稿した写真

大根に味噌とバターの味付けをして焼くだけのシンプルな料理。シャリっとした大根の食感が苦手な人も、やわらかくホクホクの食感になるので胃にも優しくオススメです。
味噌とバターの香りが食欲をそそります!

参考レシピはこちらから▶

豚大根

りょうさん(@rsk_1125)が投稿した写真

豚肉を下ゆでしておくと、灰汁が出ることなく大根を美味しく煮ることができます。大根は数センチの厚さに切るため、先に茹でておきましょう。味がしっかりと染み込むので、ごはんが進む一品。大根1本使っても、あっという間に食べきれちゃいますよ!

参考レシピはこちらから▶

大根もち

@chee929が投稿した写真

大根の食感が残るのが苦手な方は、スライスではなくすりおろして白玉粉に混ぜてしまっても良いでしょう。もっちもちの食感がたまらない大根もち」。おかずの一品にもなりますが、おやつにも◎。干しエビや青ネギを入れて、アレンジしてみるのもオススメです。

参考レシピはこちらから▶

ガーリックチーズステーキ

りょうさん(@rsk_1125)が投稿した写真

大根を輪切りにして、醤油や酒、みりんや砂糖で味付けしながら火を通します。味がしっかりとついて火が通ったら、大根の上にとろけるチーズを乗せてフライパンやオーブンで焼くだけ
大根とチーズはとても相性が良く、チーズが乗ることでコクが加わりさらに贅沢な味わいになります。

参考レシピはこちらから▶

鶏肉と大根の煮物

naomiさん(@naoao1)が投稿した写真

定番のメニューですが、日持ちするのでお弁当のおかずや常備菜に最適!ごはんとも良く合うので、飽きずに食べられます。生姜を入れて、ピリッと仕上げるのがポイント。週末にたくさん作りましょう!

参考レシピはこちらから▶

ふろふき大根

冬の大根の甘さをそのまま味わえるシンプルな1品。圧力鍋で火を通すとちょうど良い柔らかさの大根に。定番の味噌をつけて食べるだけでなく、かつお節をかけたり、そぼろを味噌味に炒めて一緒に食べてみたり、色々アレンジができるので、たくさん作っても飽きずにさまざまな味で楽しむことができます。

参考レシピはこちらから▶

一夜干し大根のしょうゆ漬け

@kayaprilが投稿した写真

大根を一夜干しすることで日持ちするようになるので、冷蔵庫に常備することができます。醤油や砂糖、みりんで味付けをして出汁となる昆布を入れて置いておくと、大根にしっかりと味が染み込んで美味しくなります。干すことで味が締まりポリポリの食感も心地良く、ご飯のおかずにぴったり!

参考レシピはこちらから▶

まとめ

毎日の忙しい朝ごはんや帰りが遅くなった夜ごはん、しっかりと料理するのは大変ですよね…そんな時、週末や時間のある時に常備菜を作っておくとお弁当のすき間おかずなどにも使えて、とっても便利!
大根ひとつだけでもさまざまな食べ方や調理法があって、飽きることがありません。慣れてきたら、自分なりのアレンジで楽しんでみるのも良いですね。
今が旬の「食べる万能薬、大根」を使って、美味しく健康な食事をしましょう!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
広告バナー
広告バナー