シェフス

【今日のメシてろ10月14日】芳醇で濃厚!「上海蟹トーチ炒め」シェフス (新宿御苑前)

2015.10.14

Muneyaさん(@muneya)が投稿した写真

創業30年。
上海出身の初代料理長が作った味を、弟子が受け継ぎ守り続けている「シェフス」は、80年代に香港で生まれたヌーベルシノワを提供しつづけている店。

フランス語で“ヌーベル=New、シノワ=Chinese”という意味の「ヌーベルシノワ」は、創作中華のような料理のこと。

芳醇なトーチが濃厚な味わいの「上海蟹トーチ炒め」がオススメで、上海蟹は本場・太湖の生きた天然ものを直送毎日仕入れているほど、素材にもこだわっています。

伝統を守り続けながらも、新しい創作中華の味をどうぞご賞味あれ!

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
広告バナー
広告バナー